補酵素と酵素ダイエットの関係とは?

補酵素と酵素ダイエットの関係とは?

補酵素は体内酵素のサポーター的役割をしています。

補酵素とは、酵素の中には単体で働けないのもあります。その場合手を結んで酵素として活性化してあげるのが、補酵素の役割です。こうして出来たのが『ホロ酵素』と言います。主にビタミンやミネラルで作られます。良く知られる補酵素としてはビタミンB1、ビタミンB6、コエンザイムQ10など。酵素を取っているのに中々思うように効果が得られないなら、もしかして補酵素が足りてないのかもしません。その場合は積極的に取りましょう。

 

補酵素を多く含む食品

根菜 ミネラルが豊富なのは根菜です。
ゴボウ・にんじん・大根・カブ・レンコン・やまいも・しょうが・ゆり根など
葉もの野菜 ビタミンB群+ミネラルが取れる葉もの野菜です。
キャベツ・レタス・ほうれん草・小松菜・野沢菜・白菜・チンゲンサイ・ミズナ・ニラなど
実の野菜 抗酸化ビタミンが豊富なのは実の野菜です。 トマト・パプリカ・きゅうり・ピーマン・ゴーヤ・オクラなど

 

安定価格の最強補酵素とは

かいわれ大根・マスタード・クレス・豆苗・ブロッコリーなど、スーパーで良く見かけるようになりましたね。スプラウト(若い新芽)には、成長していくための栄養素が豊富に含まれ、たくさん食べなくても多くの栄養素を摂取できます。

 

この中でも最強なのが、ブロッコリースプラウトです。肝臓で作られる解毒酵素を活性化することがわかっています。これにより発がん性物質を抑える効果があります。1度食べると、解毒酵素の活性が2日半続くので、3日に1度、1パック程度食べると常に解毒酵素を活性してくれます。

 

食べ方は、ドレッシングをかけて、魚や肉などの動物性タンパク質と一緒に取るのがおススメ!スーパーで買ってきたブロッコリースプラウトは再利用できるかやって見たけど、発芽していなかった種が発芽しただけで、豆苗のように再利用はできなかったです。

 

種が小さいですからね、1回の発芽で栄養使いきってしまうのでしょうね。100円ショップで栽培キットが売ってるので栽培も楽しいかも。

 

良くある質問の一覧